キスデジの使い方

総火演予行2013:キスデジで火を噴く戦車は撮れるのか

総合火力演習(総火演)予行に行きました:2013年版からの続きです。


Ph_souka13_07


上の写真はもちろん戦車ではありません。01式軽対戦車誘導弾とやらを軽装甲機動車から発射しているところです。(トリミングしています) この演目(?)は発射時の速度が遅いので撮りやすいです。

去年初めて総火演(予行)に行って、とても悔しい思いをしたことがあります。
それは、戦車がうまく撮れないこと。
戦車の筐体自体は撮れますが、火を噴く戦車が、一枚も撮れなかったんです。

それにはいくつか理由があって、まず打つタイミングがわからない。
打て―ぃ、という号令はかかりますが、その号令から実際に打つまでのタイミングはわかりません。でも、周りの大きなレンズを振り回している人たちは、ちょうどいいタイミングで撮っているんですよね・・・

タイミングを逃すと、下の写真のような感じに。


Ph_souka13_08


これは74式戦車ですが、砲身からプスッと煙を吹いているような。。。
これじゃあ、タバコをふかしているみたいですよねえ?

もう一つの理由は、キスデジの連写速度です。

お高いカメラを使っている人は、打て―ぃの号令と同時にチャチャチャチャチャチャチャチャと高速連写をし続けています。連写速度が速ければ、シャッターを押し続けていれば撮れますよね。

でも私のキスデジX2は、連写速度は最大で秒間3.5枚。しかも、数枚だけはその勢いで撮れますが、データの書き込み速度が遅いので(書き込みが早い新しいメモリーカードは使えない!)、すぐに連写できなくなくなってしまいます。
キスデジは、日常の撮影ではなんの支障もありませんが、こういうときにはエントリーモデルの非力さを感じます。ブルーインパルスとかね。

もちろん、キスデジでも撮れる被写体はあります。最初の写真の01式軽対戦車誘導弾とか、総合火力演習(総火演)予行に行きました:序(2013年版)でも出した92式地雷原処理車とか。
下の写真は、92式地雷原処理車の連続写真です。


Ph_souka13_12


これは写しやすいので人気があるようです。

でも、戦車はね。
火を吹いて見えるのはほんの一瞬なので、そのタイミングにうまくシャッターを切れるかどうか。

そこで今回は、普段開き気味にしている絞りを絞り、ISO感度も低くしてみました。少しでもシャッター速度を遅らせようと思いまして。

でもね~。


Ph_souka13_09


こちらは人気の10式戦車です。スラローム走行射撃とかなんとか、走りながら砲撃する技(??)が見どころらしいのですが、何にしろ火が見えない。砲身の先がメラメラしてみえることで、かろうじて熱いんだろうなーということが分かりますが。(涙)

キスデジではフライング気味の連写はできない。でも打つタイミングもわからない。

うーーーん。

そこでふと、ミリオタっぽい人たちが連写をはじめるタイミングが、毎回皆さんピッタリ同じであることに気が付きました。何らかの方法で、ちょうどいいタイミングをはかっているようです。

よくよく彼らの様子を観察すると、耳にはイヤホンをつけ、無線機のようなものを背負っています。
ああ、多分、指揮官と隊員の間で交わされる無線を聞いているのかな。だから打つタイミングが正確にわかるんじゃないのかな・・・(場内でも号令は流れますが、それとは別に)

そうかあ。そうじゃなくちゃ、いくらお高いカメラでもタイミングを図るのは難しいよねえ。
逆に言えば、タイミングさえわかれば、キスデジでも可能性はゼロではないかも。


と思っていたところで。


Ph_souka13_11


奇跡の一枚!!!
90式が火を噴く瞬間を捉えました!!

これはもう後段も終わりに近づいた頃です。この一枚が撮れていることに気づいた時、嬉しさで絶叫しそうになりました!


そんなわけで、まとめ。

キスデジでも、火を噴く戦車はまれに撮れます。(笑)
ただし、エントリーモデルはやはりこういう時に非力だなあと感じます。現在最新のキスデジX7でも、連写速度は最高で秒4枚。飛躍的に早くなっているわけではありません。こういうマニアックな写真は、やはり上位機種が威力を発揮するんでしょうね。

もっとも、例の無線があれば撮れる確率はぐっと上がると思いますが、このためだけに無線機を買うならカメラのグレードを上げたほうが使いでがあるかも??今回このことがあって、キスデジの新しいモデル(X7)を調べましたが、やはりエントリーモデルはエントリーモデルですからね。

でも、X7のボディーがとてもコンパクトになっていることを知って、戦車とは関係なく、欲しくなっちゃったなあ・・・。


手ぶれしない!ISレンズ(IMAGE STABILIZER)ってすごい

コンデジからデジイチに替えたときに感動したことが、二つあります。

まず、シャッターボタンを切った瞬間にシャッターが切れること。・・・ん?あたりまえ?
私のコンデジは古かったせいか、シャッターを押してから実際に撮影されるまで、少しタイムラグがあったのです。今は改善されているのでしょうか。このタイムラグで、シャッターチャンスを逃してしまうんですよね。

そして、もう一つがイメージスタビライザー。
こちらも私のコンデジが古かったためなのでしょうけれど、手ぶれ補正はついていなかったんです。もちろんISO感度やシャッター速度は調整できませんから、ちょっと暗い場面では、すぐにぶれてしまいます。

でも、CanonのIS(IMAGE STABILIZER)レンズを使うと、手ぶれが本当に少なくなります。キスデジのキットレンズもISレンズです。
レンズの側面に「STABILIZER ON/OFF」という切り替えがあるので、これをONにするだけ。暗いけれどストロボは使いたくない、三脚もない、という場面には重宝するはず。


Imgs_1


この写真は夜の空港で撮ったもの。若い男女が滑走路を眺めていました。その雰囲気がとても良かったので、こっそり撮らせてもらいました。
55mmで、1/4秒の手持ちです。ISO感度を800にしたため画像はざらついていますが、手ぶれはありません。

ISレンズってすごい・・・。しかも、私が使っているのはキットレンズですから、高価なものではありません。
他のデジイチを使ったことがないので、他のメーカーのことはわかりませんが、レンズの進歩はすごいですね。

一般参賀とキットレンズ:カメラの基本・写真の基本

今年のお正月、一般参賀に行ってきました。
私はあまり興味がなかったのですが、母がどうしても行ってみたいというので。。。

せっかくなので天皇皇后両陛下のお姿を撮らせていただこう、などと思い、キスデジのダブルズームセットの望遠ズームレンズ(55-250mm)も持参しました。

軽い気持ちで行ったのですが、皇居前には想像以上にたくさんの人が訪れていてびっくり!
そして、一般参賀が行われる広場には、満員電車のように人がびっしり!これでまたびっくりです。


Photo_sanga_1


手を伸ばして、ノーファインダーで一枚。これは18mmです。

この人混みでは、背が低い母は完全に埋もれてしまいます!
少しでも隙間があるところを探して、モソモソと移動しますが、そのうちに移動することもできなくなってしまいました。

そうこうするうち、両陛下と皇族の方々のお姿が。
すると集まった人たちがワアッと歓喜の声を上げ、一斉に日の丸の旗を振りはじめます!
(手持ちの小旗は皇居近くで無料で配られていました。紙製ですがしっかりしてます)

人々の声とともに振られる一面の日の丸に、驚いたのと同時に、自分でも意外なほど感動しました・・・

けど、肝心のお姿が旗で隠れて見えません(笑)。


Photo_sanga_2


またノーファインダーで一枚。これは55mm、キットレンズの18-55mmの、もっとも望遠側です。

わかっていたことですが、ほとんど見えません。あわてて望遠レンズに交換です。

野外で、身動きが取れない状況でレンズを交換するのは緊張します。
レンズを落っことすのはもちろん、交換中にホコリが入ったりすると大変なので・・・


Photo_sanga_3


望遠レンズの最望遠、250mmで、ようやく皇族方のお姿がわかりました。
でも、雅子様が前の人の手?に隠れてしまいました。紀子様は窓枠でお顔が・・・。ちゃんと撮影したいなら、もっと近くまで行かなければ無理みたいです。

それでも、天皇陛下のにこやかな笑顔と、皇后陛下の温かいまなざしがわかったので、私的には満足。

母のついでに行ったのに、私のほうが夢中になってしまいました!

それに、あんなにたくさんの日の丸が人々の温かい気持ちとともに一斉に翻るのは初めて見ました。これには感動です。。。

テレビで見ていると、特殊な人たちがやっているように見えますが、年配の人も家族連れも、若いカップルもたくさんいました。それに、観光客らしい外国人がたくさんいました!!
ちょっと誇らしい気分です。


天皇陛下がお言葉を述べられ、その後あっという間に皇族方は奥にもどられてしまいます。その間、ほんの数分。その後は、この回を見た人たちは、次の回のお出ましを待つ人たちのために、すぐに退場しなければなりません。

でも、みな楽しそうに、満足そうに、ぞろぞろと会場を後にしました。


Photo_sanga_4


これは退場する時の一コマ。これも250mmです。
帰りも大混雑なので、少しずつしか歩けません。その間に人波を撮ったのですが、見知らぬおじさんが振りむきました。

その向こうには、遠く機動隊の車が見えていました。


前にも書いたとおり普段はあまり出番のない望遠レンズですが、こういうときにはやはり望遠レンズが活躍しますね。・・・ボケ足が汚いとか、そういうところには目をつぶって下さいね。お得なレンズなんですから。


来年行くなら、もう少し前に行って、お姿がわかるように撮りたいです。
それに周りの人たちの様子も撮っておけばよかったかも。みなさん本当にうれしそうでした。

キスデジの「ピクチャースタイル」って何?:デジイチの画像加工

EOS KissX2には、画質をカスタマイズするピクチャースタイルという機能があります。

フィルムカメラでは、フィルムのメーカーや銘柄によって異なる発色や階調の違いを踏まえて適したフィルムを選んだりしましたが、デジカメでそのような違いを使い分けるのがピクチャースタイルです。

これはキスデジ本体でも設定できるほか、RAWで撮影したものを Digital Photo Professional で再設定することもできます。私はもっぱらスタンダードで撮影し、後からRAWで設定しなおしています。

EOS KissX2には、ピクチャースタイルが6種類がありますが、それぞれどんな画質になるのかを見てみましょう。


まずは、スタンダード。


Style_s


スタンダードは初期設定のスタイルです。一般的な被写体にオールマイティーに向いているようです。


続いてポートレート。


Style_p_2


名前通りポートレートに向いた画質です。シャープネスは弱めで、肌色が明るいピンク色に見えます。
花の色が白っぽくとんでいますね。女性の顔をきれいに見せる画質ということでしょう。


次に風景。


Style_f


色(彩度)とコントラストが強く、鮮やかに見えます。ちょっと派手目な絵になりますね。この絵の場合、ポートレートのスタイルと比べると、やや黄色みがかって見えます。山の緑や空の青がきれいに発色しそうです。


その逆がニュートラルです。


Style_n


彩度もコントラストも控えめで、全体の諧調が美しく見えます。


そして、忠実設定。


Style_c


誇張や強調がなく、本来の色を忠実に再現するそうです。


もうひとつ、モノクロもあります。


Style_b


いわずもがな、白黒です。この写真は緑のフィルターを入れた設定にしているので、赤い花が濃く写っています。


このような設定は、キスデジ本体でさらに細かくカスタマイズすることができます。

といっても私はいつも Digital Photo Professional で加工しているだけなんですけどね。


色調をセピアにしてみる:デジイチの画像加工

RAW形式で保存したデータは後でさまざまな加工ができますが、色調の補正もその一つです。

EOS Kiss Digital の付属ソフト Digital Photo Professional では、ピクチャースタイルに


  • スタンダード

  • ポートレート

  • 風景

  • ニュートラル

  • 忠実設定


などがあり、それぞれに細かな調整ができます。(キスデジの「ピクチャースタイルって何?」もごらんくださいね。)さらにそのほかに

  • モノクロ


という設定もあります。
単なる白黒の他に、セピアや青、オレンジなどに色の調整ができるので、試してみました。

もとになったのは下の写真です。


Sepia_1


レトロっぽい街角ですが、自転車や看板が色も形も現代のものなので、ちょっと中途半端な感じ・・・。

この写真をセピア調にして、ちょこっと加工を加えたのが下の写真です。


Sepia_3


だいぶレトロな雰囲気が出ましたよね。(出すぎかも)

なんてことのない景色でも一味違って見えるので、いろいろセピアにして遊んでいます。

このピクチャースタイルの設定は、撮影時にKissデジ本体でもできるのですが、いちいち設定するのが面倒なので、私はいつもスタンダードで撮影して、後からRAWでいじっています。


RAWファイルで湾曲を補正する:デジイチの画像加工

色温度でも触れましたが、EOS Kissデジでは、撮影した画像をRAWという形式で保存することができます。

この画像データはソフトで再加工することができるのですが、EOS KissデジにはDigital Photo Professional という専用ソフトが付属しています。

このソフトを使えば、RAWファイルで保存した画像の明るさや色温度はもちろん、レンズの収差も補正することができます。

収差というのは、レンズによって発生する色のにじみやゆがみ、周辺減光(画像の周辺部分が暗くなること)などのことです。高いレンズは収差が少なく抑えられているそうですが、私が使っているのはキットレンズですから。。。

低品質のトイカメラを使って意外な出来上がりを楽しむというのも面白いですが、通常はすっきりとした画像にしたいですよね。


下の写真はキットレンズで撮ったものです。


Yugami_1


並んだ柱がきれいに見えたので撮ってみましたが、下のほうがなんだかフニャッとしていますね。広角の18mmで撮ったところ、画像が湾曲してしまいました。

湾曲が面白く見える場合もありますが、これはいただけません。


そこで、RAWファイルで湾曲を補正してみたのが下の写真です。


Yugami_2


どうでしょう?

それ以外の写真の善しあしは別として、ふにゃけた柱が、シャンと背筋を伸ばして立ち直ったように見えませんか?

こういう加工をしてみると、RAWファイルって画期的だなあと感心してしまいます。

焦点距離とは?(キットレンズをどうするか):カメラの基本・写真の基本

さて、ついにデジイチ、EOS Kiss X2を買おうと決めましたが、そこで悩んだのが付属のレンズをどうするか、です。

このときKiss X2のパッケージとして、18-55mmの標準ズームが付属する標準セットと、標準の他に55-250mmの望遠ズームが付属するダブルズームセットがありました。

当然のことながら、レンズが一本よりは二本のほうが高くなります。とはいえ、差額でいえば2万円も変わりません。たとえキット用の廉価版レンズとはいえ、望遠レンズが2万円弱で手に入るのは魅力です。

このとき私は、自分は絶対に望遠レンズを多用するだろうと思っていたので、迷わずダブルズームセットで。

でも、望遠レンズを実際に使うかどうかは、その人がどんなものを撮影したいかにもよりますよね…

そもそも、この○mmというのは何なのか、というところから悩む人もいるかもしれません。
この数値は「焦点距離」を指しています。焦点距離というのは、レンズの中心点からピント面までの距離のことで、この数値が小さければ広角、大きければ望遠のレンズということになります。

簡単に言うと、広い景色を撮りたい場合は広角(焦点距離の短いレンズ)、遠くのものを大きく撮りたいときは望遠レンズ(焦点距離の長いレンズ)を使う、と考えればいいでしょう。

18-55mmの標準ズームのばあい、広角の18mmから中望遠の55mmまでをカバーできるわけです。

ただし、これまで35mmフィルムのカメラを使っていた方は要注意です!
どのくらいの範囲が写るかを考えた場合、フィルムカメラとデジカメではずいぶんと違っています。フィルムカメラの場合50mmレンズが標準でしたが、デジカメの有効撮影画角はその1.6倍に相当します。28mmの広角レンズをデジカメにつけると、45mm、標準レンズ程度になるのです。

私もフィルムのカメラを使っていた時期があるので、その感覚で考えてしまい、18mmなんてずいぶん広角だなと思ったのですが、実際に撮ってみるとコンパクトカメラの広角程度でした。


下の写真が18mmで撮影したものです。広い場所を撮るときにはこのくらいの広角がほしいですね。


Lens_1


次に、標準ズームの最も望遠側、55mmで撮ったもの。一本のレンズでも、ずいぶん雰囲気が変わります。


Lens_2


そして、望遠ズームの最望遠、250mmです。18mmと同じ場所で撮ってもこんなに違います!


Lens_3


私も手にした当初は面白くて、いろいろ望遠で撮ってみましたが、しばらく経って、私の行動範囲では意外と使い道がないことに気付きました。。。
安く手に入れたので、それでも良かったと思っていますが、もし予算の都合があるのなら、自分に必要なものかどうかよく考えてから決めたほうがいいかも。

お子さんの運動会のようなシーンでは、望遠レンズが大活躍かもしれませんね!

デジイチ(EOS Kiss)を買った!そのワケは

コンパクトデジカメが壊れる前から、なんとな~く、デジタル一眼レフにしようかなあと考えていました。コンデジに、ちょっと物足りなさを感じたからです。

コンデジは小さいので、いつもカバンに入れておけて便利な反面、思ったような写真にならなかったり、シャッターを押してもワンクッションがあって、すぐにシャッターが切れなかったり。使っていたコンデジが数年前のものだったせいもありますが、もう少し色々な写真を撮りたいなら、デジイチのほうがいいのかな、なんて。

そんなときに、コンデジの調子が悪くなってきて。

これはいよいよデジイチかなあ、と、どんなカメラがイイのかを調べ始めました。


Eoskiss_3その中でコレと思ったのが、EOS Kiss X2です。

詳しいことはわかりませんでしたが、カメラ好きの人たちの間でも、値段の割に上位機種に負けない高性能だと評判でした。
それに、持ってみるととっても軽い
一眼レフのカメラはずっしり重いと思っていましたが、これは、まるで中身が入っていないんじゃないかと思うくらい軽いんです。今ではもっと軽いカメラもあると思いますが、これには本当にビックリしました。せっかく買うならあちこちに持ち歩いて使いたいので、重いカメラはちょっと困りますが、これなら大丈夫そう。

Canonというところもポイントです。思い込みかもしれませんが、一眼レフはやっぱりCanonやNikonがいいのかな、という気がして。

そして、またまたそんなときに、EOS Kiss X2のキャッシュバックキャンペーンが!
なんというタイミング!これはもう買うしかない、と思い切りました。

キャッシュバックするといっても、私には高い買い物です。迷いがなかったわけではありません。それにもうすぐEOS Kissから次の機種のX3が出るという話もあって、どうせ買うなら少し待って新しいものを、という気もしなくもありません。

でも、使いこなせるかどうかわからないのに高いお金をかけても仕方ないし、EOS Kiss X2とX3の違いがあまりないのでは、という噂もあったし。

結局、勢いに任せて、EOS Kiss X2にすることにしました!

買ったのは、調べた範囲でそのときいちばん安かったAmazonです。安いお店がいっぱいある中でAmazonが再安というのは意外でしたが、送料が無料になるし、カードが使えるので、結果的に一番安くなりました!

もしこれからカメラを買うという方は、Amazonも調べてみるといいと思います。