カメラの小物

DOMKE(ドンケ)のカメラバッグを洗ってみたんですが・・・

震災から2週間たち、初日に大騒ぎになった計画停電にも徐々に慣れ、東京はだいぶ落ち着いてきた気がします。

私は募金をするくらいしかできませんが、電気はこまめに消したり、暖房を控えるようにしたり・・・でもこれ、震災があってもなくても、本当は普段からしておくべきことですね。。。

早く被災地の皆さんが落ち着いた生活に戻れることを願っています。

**************

今日は、カメラバッグの話です。

デジイチを買った当初、カメラバッグをどうしようかとても悩みました。

普段のバッグに入れられたコンデジとは違って、デジイチは大きいので、それなりのカバンが必要になりますよね。替えのレンズなどを考えると、やはり専用のカメラバッグがほしいところ。

といっても、カメラ女子が持ち歩けるようなかわいいカメラバッグは意外と少ないんです。
本格的なカメラバッグで、でもいかにもなカメラバッグには見えなくて、普段使いも出来て・・・と悩みに悩んだ結果、DOMKEというアメリカのメーカーのF3、それも限定色のチョコレートブラウンにたどり着きました。

Domke_0

もともとベージュやブラウン系のお洋服が多いので、この色合いはとても好みです。それにDOMKEというのはカメラマンがつかう本格的なカメラバッグのメーカーだそうで、私の知り合いの男性や、女性ブロガーさんにもこれを使っている人がいます。

ということで、デジイチ購入後、このF3は私の相棒となりました。

ところが、年中このカメラバッグを使っていたため、少々汚れてきてしまいました。

特に気になるのが、体に触れる面。写真では分かりにくいかもしれませんが、濃い色のデニムをはいた時に、こすれて、インディゴの色が移ってしまいました。


Domke_1


クリーム色の縁取りの部分も、色がくすんで、ちょっと汚い感じ・・・


Domke_2


DOMKEを使う人は、この使いこんだ感じがいいというのですが、女性の普段使いにはどうかな。。。
いつもジーンズというわけではないので、汚い感じになるのは避けたいところです。

DOMKEのこのシリーズはキャンパス地なので(中のクッションは違います)、水洗いすることができます。手で洗った方がよかったのかもしれませんが、思い切って洗濯機でジャブジャブやってしまうことにしました!


その結果が、下の写真です。


Domke_3


蓋をした状態で前から見ると、色が少し浅くなりましたが、それ以外は特に気になることはありません。ちょっとヨレッとした感じはしますが、キャンパス地ですからね。

縁取りの部分の色は、くすみがとれてきれいになりました。ただ・・・きれいになったのはいいんですが、使いこんで擦り切れた部分が拡大してしまいました!


Domke_4


はきつぶしたジーンズのような感じです。これがいいと言う人もいるようですが、カメラ女子にはどうかなあ。。。

そして、一番きになっていた背面は・・・


Domke_5


全体に白っぽくなり、なぜか一部が紫色に。。。

どうしてなんでしょう?インディゴが洗剤と化学変化でも起こした??理由はわかりませんが、とにかく、継ぎ目部分が紫色です。どうなのかなあ、これ。。。

前から見た限りでは、洗った方が、形はヨレましたが全体の印象はすっきりして、きれいになりました。でも、穴の拡大と謎のムラサキが・・・

ビンテージ物のジーンズが好きな人、DOMKEはボロくなってこそ、という人にはいいかもしれませんが、カメラ女子の皆さんには微妙です。(笑)

でも私はこのカメラバッグが大好きなので、まだしばらくは使いますよ!だって、チョコレートブラウンは限定色だったので、今はもう売っていないんです!

型崩れしたところは、後でスチームでもあててみます。(笑)

考え中…TOAST-Pro(赤道儀)

前回CP+で見てきてとても惹かれたTOAST-Pro。どうしようか、まだ思案中です。
そもそも赤道儀と言うものが使いこなせるのかどうかが分からないですし。。。

でも、すごーく惹かれています。


Toastpro


(この写真はメーカーさんのページから借用しました)

すごくかっこよかったんです。写真より高級っぽくて、名前の通りプロの機材っぽいです。でも使い方は簡単そうだし、どうしようかなあ・・・


CP+では他のメーカーも、TOAST-Proをまねた小さな赤道儀(ポラリエとかいう)を試作品として出ていたそうです。値段は決まっていないみたいですが、そっちのほうが安そう。

でも・・・他の人のブログで写真を見ると、ポラリエは見た目がちょっとおもちゃっぽい。。。性能もTOAST-Proほどではないらしくて、広角レンズ専用だそうです。

こういう小さい赤道儀は、TOAST-Proの前は性能がよくなくて普通だったらしいので、それが普通なのかもしれません。すごく安いならポラリエでもいいような気もするのですが、でも、見た感じが・・・

多分見た目も初心者用にしているんだと思いますが、ポラリエはなんだか子供用っぽくて、あまり好みじゃない、かも。

どうせ買うなら、自分が長く愛着が持てるもののほうがいいなあ。

でも、もし買っても自分に使えるのかな。それに3月にはX5も出るし・・・でもでも、X2でもそんなに困ってないし。


まだしばらく悩む日が続きそうです。

でも、何かがほしくて悩むのは久しぶりなので、ちょっと楽しい。(笑)

CP+で気になるもの・EOS Kiss X5と赤道儀TOAST-Pro

写真仲間のBちゃんに誘われて、横浜で開催されていたCP+(シーピープラス)というカメラのイベントを見に行ってきました。

カメラ関連として日本最大のイベントだそうで、パシフィコ横浜というビッグサイトのような大きなイベント会場に、カメラ関係のブースがたくさん出展しています。

その場で買うことはできませんが、各メーカーから新製品の発表があるということで、中はたくさんの人でごった返していました。

でも、ちょっと困った?ことが。。。

こういうイベントに行くのは初めてだったので、写真を撮ろうと思ってキスデジを持っていったのですが、バシバシ写真を撮っている人は立派なカメラを持っている人か、コンデジの人で。自分のカメラがなんだかちょっと恥ずかしくなって、出しにくくなってしまいました。

自意識過剰なのはわかっているんですが・・・でもこのイベントで、キスデジのX5が発表されたんです!発売は3月のようです。私のはX2なので、2年前に買ったのに、もうすぐ3世代前のモデルになってしまいます。

えー、どうしよう。。。

X2でも今のところ特に困ることはないのですが、X4で動画がきれいに撮れるようになったときに、買い替えをすごく悩みました。でも悩んでいる間にまたモデルチェンジ。こんなに次々とモデルが変わるなんて、Canonは新製品を早く出しすぎじゃないかな。。。


Cp_1


上の写真がキスデジのX5です。自分で.写真はとらなかったので、これはニュースサイトの画像です。

形は以前とあまり変わりません。より丸い形をしています。X4との大きな違いは、液晶の部分が外側に出るようになったことです。


Cp_2


あと、連写速度が少し速くなったみたいです。ブルーインパルスのときなようなことは起こらなくなればいいのですが、秒3.5コマから3.7コマなので、X2とそれほどの差でもないかも。

そのほかに、トイデジっぽく、とか魚眼レンズっぽく、といったフィルター効果が加えられたり、やわらかい感じに、とかくっきり鮮やかに、という設定ができるそうです。といっても、そういう機能は私にはあまり必要ないかなあ。

これがすごーくほしいというより、どちらかと言うと、ちょっと複雑な気分。(笑)

どうしようかなあ。。。


会場はすごくたくさん人がいましたが、コンパニオンの人を撮影する男の人たちが群がっているし、各メーカーが出す音楽うるさいし、会場は広いし、結構疲れます。

全部を見るのは大変だということで、人気のありそうなところだけちょっとずつ見て回りました。
その時におもしろそうだと思ったのが、赤道儀というものです。


Cp_3


これもメーカーさんの写真を借用しました。Toast Technologyというメーカーです。雰囲気が日本っぽくないのでドイツかどこかのメーカーかと思ったら、日本のメーカーらしいです。

カメラの下につけて星の動きを追いかけながら撮影する機械で、星を見た目の通りきれいな点に写すためのものだそうです。星の写真って、こういうのを使って撮っていたんですね。。。

赤道儀というのはもともとは、望遠鏡につける大きな機械だそうですが、このTOAST Proというのはカメラ専用のもので、小さくできています。

ブースには、きれいな星の写真がいろいろ展示されていましたが、望遠鏡ではなく普通のカメラのレンズで撮れるんだそうです。特にこの赤道儀は大きな赤道儀に負けないくらい精度が高いらしくて、隣にいたお客さん(星の写真を撮る人?)がしきりに感心していました。質感も私好みで(金属が好きなのです)、見た目もカッコイイです。

あと、景色も星もとまったように写すモード?が付いていて、それも人気があるそうです。


Cp_4


Cp_5


こういう写真も、望遠鏡がなくても撮れるんですね。こういうの、使ってみたい。。。


X5とこれが、今回の気になるものです。

あとは、Toastのブースの横に出ていたブースでかわいいテープを配っていたので、自分の分とBちゃんの分をもらって帰りました。


キスデジの買い替えを迷っていましたが、今はむしろ、この赤道儀のほうが気になります。

悩むなあ。。。

かわいいデジイチ用ストラップがほしい!

デジイチを使い始めたころから気になっていたこと。
それは、カメラを首から下げるときに使うストラップです。

EOS Kiss X2にはCanon純正のストラップがつきます。それに滑り止めもほどこされて、十分機能的です。でも、「EOS DIGITAL」と大きく入ったロゴはちょっと…

Canonのカメラを使っているということは、カメラが好きな人にとってはある意味ステイタスであり、日本ばかりでなく海外でも、私と同じストラップを誇らしげに首にかけている西洋人を多く見かけました。

でもカメラ女子としては、できればもう少しかわいいストラップが、それも、できればななめがけできるものがほしい!

コンデジなら軽いので、自作のストラップでもそこそこ使えるかもしれませんが、デジイチはやはりしっかりしたものがほしいし、普段のナチュラル系の服装に合うものがほしい。

それで色々探しているうちに、とってもいいお店を見つけました。
革小物をハンドメイドしているお店、minuitさんです。

Komono_strap_2コンデジ用のほかデジイチ用のストラップもちゃんとあり、それも金具を自分で選べたり、革の一部に好きな言葉や名前を入れてもらうこともできます。(写真右下の革のラベルは、包装用の飾りです)

皮の種類もデザインも色々ある上、ななめがけにできるよう、普通のストラップより長めになっているんです!まさに私の使い勝手にぴったりでした。

人気があるようで、注文してから出来上がりまでに時間がかかりましたが、届いたストラップは、みんなに自慢したいくらい素敵な仕上がりでした。

カメラ用小物も女の子らしいかわいいものがほしい、という人にはお勧めです!