« デジイチ(キスデジ)からミラーレス(LUMIX GF5)に浮気してしまいました。その顛末。 | トップページ | LUMIX GF5のクリエイティブコントロール »

LUMIX GF5(SILKYPIX Developer Studio)のピクチャースタイルいくつか

キスデジではなくLUMIX GF5の話になってしまいますが、デジイチ(キスデジ)からミラーレス(LUMIX GF5)に浮気してしまいました。その顛末。の続きです。

LUMIX GF5にはSILKYPIX Developer StudioというRAW現像のソフトが付いてきます。RAWで撮影しておけば、撮影した後でもピクチャースタイルを変更することが出来ます。

(GF5本体には、これとは別にフォトスタイルという設定があり、スタンダード、ナチュラル、ビビッド、モノクローム、人物、風景の6種類の中から設定できます)

ピクチャースタイルには、風景、ポートレート、青空、など色々なスタイルがありますが、前回の写真で使えそうなものということで、三種類ご紹介します。


Gf5_sample_2

ノスタルジックトイカメラ。彩度が落ちて、周辺減光を際立たせている感じですね。


Gf5_sample_3

インスタントフィルム。色調が青に転んで、全体のコントラストも落ちている感じでしょうか。
インスタントフィルムって、いわゆるポラロイドのことだと思いますが、確かにそんな感じかな。


Gf5_sample_4

セピアは、見た通りです。(笑)
でも、微妙な色合いがわざとらしくなくていい感じですね。


ただ、キスデジ付属の Digital Photo Professional を使いなれたせいか、SILKYPIX Developer Studioというソフトがわかりにくく感じます。きっと使いこなせば色々なことができるソフトなんだろうと思いますが、GF5を使う人が、そんなにたくさんの機能を使うかな?

手軽に凝った感じの写真が撮りたいなら、本体のクリエイティブコントロールという機能の方が使い出があるかもしれません。


デジイチ(キスデジ)からミラーレス(LUMIX GF5)に浮気してしまいました。その顛末。

LUMIX GF5のクリエイティブコントロール


« デジイチ(キスデジ)からミラーレス(LUMIX GF5)に浮気してしまいました。その顛末。 | トップページ | LUMIX GF5のクリエイティブコントロール »

画像加工」カテゴリの記事