« LUMIX GF5(SILKYPIX Developer Studio)のピクチャースタイルいくつか | トップページ | 総合火力演習(総火演)予行に行きました:序 »

LUMIX GF5のクリエイティブコントロール

LUMIX GF5の話題の続きです。

GF5は、クリエイティブコントロールという撮影モードにエフェクトが14種類もついていて、これがウリの一つになっているようです。

私は絞り優先かシャッター優先AEしか使わないので、この豪勢なエフェクトは宝の持ち腐れなのですが、どんな感じになるか撮ってみました。

撮ったのは前回と同じ腕時計です。シンプルな被写体なのでエフェクトが効果的には見えませんが、どんな具合にかるのかはかえってわかりやすいと思います。

レンズはキットレンズではなく、後から買い足した20mm f1.7です。このレンズは、ピント合わせが遅いことや駆動音が少しうるさいことに目をつぶれば、GF5を数倍楽しくしてくれます。


Ef_01

なんだかほほえましい感じなのがクロスフィルター。光っている部分に、キラーンという感じに光芒が入ります。


Ef_02

ポップは、彩度が上がってコントラストが強まっているようです。カラフルなものをとるとよさそうですね。


Ef_03

レトロはポップの逆で、彩度が下がってコントラストは弱くなり、全体がセピア調になります。


Ef_04

ハイキーは露出オーバーっぽく。でも緑っぽく見えているので、色補正もされるのかな?


Ef_05

ローキーは露出不足っぽく。でもこういうの、露出補正でよさそうな気もするけど。


Ef_06

セピアはそのままセピアですが、RAWでピクチャースタイルを変えた時の方が私は好みです。


Ef_07

ダイナミックモノクロームは、単にモノクロにしただけでなく、コントラストを上げているようです。ハードな感じ。


Ef_08

インプレッシブアートというエフェクトは面白いですね!これは風景等に使えそう。


Ef_09

ハイダイナミックは、ダイナミックレンジを広げて、露出が広い範囲に合うように合成したモード、のようです。この写真ではあまり効果がわからないかも。


Ef_10

クロスプロセスというのは、リバーサルフィルムをネガ用の現像液で処理したときのイメージのようで、色合いが本来と変わったり、コントラストが極端になるようです。効果を見ながら撮影すれば、意外な絵になって面白いかもしれません。


Ef_11

トイフォトは、周辺減光風にしただけかな・・・?


Ef_12

ジオラマは、数年前から人気の、実際の風景をジオラマ風に見せるエフェクトです。狭い範囲にだけピントがあうので、風景が小さなジオラマを撮影しているように見えるのですが・・・このエフェクト、面白いんですが、乱用され過ぎのような気がします。


Ef_13

ソフトフォーカスはそのままソフトフォーカスっぽく見えます。


この他にあともう一つ、ワンポイントカラーというエフェクトがあります。モノクロで一部だけ色をつけるというもののようですが、それは他のもので試してみます。


クリエイティブコントロールは色々な効果が手軽に使えるので面白いと思います。
でも、自分で画像処理をする人は、それほど使わないかも、です・・・。

この他、GF5にはシーンガイドという機能があって、夜景をきれいに撮る、とか、料理をおいしそうに撮る、といったシチュエーションに合わせたモードをその場で選んで撮影することもできます。
実際に使ったことはありませんが、使えば便利なのかな。

GF5にはこういう機能が満載ですが、私はキスデジでも便利な機能はまるで使わなかったので・・・
一応ご紹介してみましたが、実際の使い心地は不明です。(笑)


デジイチ(キスデジ)からミラーレス(LUMIX GF5)に浮気してしまいました。その顛末。

LUMIX GF5(SILKYPIX Developer Studio)のピクチャースタイルいくつか

« LUMIX GF5(SILKYPIX Developer Studio)のピクチャースタイルいくつか | トップページ | 総合火力演習(総火演)予行に行きました:序 »

画像加工」カテゴリの記事